読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

最近彼氏に振られたのは

明確なアピールをしてるからわかると思うんですけど、

 

そのことを書きます。めっちゃ長いので、読む人は流し見してください。

 

 

私のその「元カレ」は所謂バンドマンと呼ばれる人種で

それも、売れているバンドとかではなく

新潟でやり続けてて一部の地元バンドシーンでは

名前が通ったり通らなかったり

音楽で飯が食える訳では無く、居酒屋の社員として夜は働いてる男の人でした。

 

付き合ったのは4月。

しかもエイプリルフールでした。

 

彼のことをよく知らないまま、

彼も私のことを知らないまま、

彼のお店で飲んでた後に

付き合ってくださいと言われて付き合いました。

 

彼は一人暮らしをしていました。

古い1Kアパート、家賃は26000円。

 

最初の頃はたまに泊まりに行ったり

たまに遊んだり。ほんとたまに。

 

 

あまり知らないまま、あまり好きだと思わないまま付き合った私には充分でした。

 

最初だけ。

 

彼のライブを付き合ってから初めて見て、彼を知っていくうちに

底なし沼にハマっていく感覚が

自分でもわかりました。

 

理由は明白。愛情表現が全く無い人だったから。

自分をあまり好きじゃない人にどハマりする。

それだけじゃないんだけどさ。

 

 

 

彼の前に付き合っていた人も

所謂同じようなバンドマンと言われる人種で

でも彼とは真逆の超メンヘラでした。

GPSつけられたり殴られたり馬鹿みたいなセックスをしたり、

 

だからそのクソメンヘラくらい愛してくれればって

いつも比べて、いつも愛に飢えてました。

だから好きだったんだろうな。

 

好きは加速し増え続けました。

彼のお金が無い時にはお金を貸しました。

ご飯を奢ったし、欲しいものはできる限りあげたいと思い行動しました。

愛が欲しかった。

でも、それに比例するように彼は私を好きじゃなくなったんだろうなって思います。

 

 

 

 

特に、半年を過ぎて彼のアパートで同棲するようになってから

それは私にも痛いくらいにわかるようになりました。

 

私の生活リズムは朝起きて出勤し、18時に退勤して帰る一般的な事務員の生活リズム。

休みも週休2日は取れる。

 

一方彼は昼に起き、深夜まで仕事。休みもほとんど無い。

遅ければ朝の4時5時になることもざらにありました。

 

生活リズムの合わないふたりの同棲。

いつも帰りを待つのは私。必然的に家事も全て私が行い、彼はそれに慣れていき、何もしなくなりました。

私はだんだん幸せよりも我慢が圧倒的に増え

一緒に住んでるのに会える時間が少なかったり

愛情表現がもっと無くなったり、

比喩ではなく本当に毎日夜1人で泣いていました。

 

友達に相談しても皆同じように「別れなよ」「他にいい人がいるよ」と私に言いました。

 

頭の中ではわかっていても私は彼が死ぬほど好きだったし、あとはそれまでかけた時間、お金、労力、我慢などを無駄にしたくなかった、諦めたくなかったんです。

 

別れは突然でした。いや、だんだん近づいてたものだったのかも知れません。

 

朝6時まで同じ部屋でギターを弾く彼に

7時半には起きなければいけない私は

我慢の限界が来て言いました。

「もうやめなよいつ寝るの?」

 

彼は「俺はあなたよりバンドが大事です。初めて別れたいと思いました。俺がバンドしてなかったら君をもっと好きになれたのに。」と言いました。要約ですが。

 

意味は「好きじゃなくなった。」だと思います。

 

なので受け入れました。その理由で止められるわけがないから。

嫌なことがあれば直すけれど、また好きにさせることは出来ない。

 

「わかれたけど、一緒に住んでいいよ。俺はもう彼女作らないし一生。」

彼はこうも言いました。

 

私は彼といれるならと思って「うん」と言いました。

 

 

 

何日かしてすぐに入院でした。

入院中考えて考えて考えて

出した結論は彼のアパートを出ていくということでした。

 

退院した日に荷物を取りに行きました。

昼に行ったのでまだ彼は寝ていました。

「荷物取りに来たよ」

彼は「髪切ったんだ」とだけ言いました

「切ったよ」

 

それだけ会話して

彼と思い出がアホみたいにあるアパートに

さよならと、告げました。

 

 

終わったー。っと

 

やっと思いました。

 

 

 

 

これが一番最近の恋愛です。

初めて同棲し初めてちゃんと振られました。

今でも彼のSNSに私の痕跡があります。

 

彼が夜、1人で私のことを思い出す。

そんな夜が一度でもあればいいなって思います。

ポエミーかな?

 

あぁ~めっちゃ辛かった!

好きだった!

いろんなところに行きたかった!どこも行けなかった!

君のために何でもした!

めっちゃめっちゃ辛かったよほんとに!

 

 

 

さよなら!!!!!

 

 

いつか後悔しろムカつくなぁほんとに!!!!!

 

 

 

 おわり。